ビジネスインテリジェンス・システム開発・運用・保守、業務改善

コンサルティング事業

TOP > ソリューション紹介 > コンサルティング事業

ビジネス面で大きな成果を上げる企業の経営層/業務部門と緊密に連携して、マネジメント、プロセス改善、システム改善、ICT活用に関する総合的なコンサルティングサービスを提供します。

このようなお悩みありませんか?

?
  • 毎日の業務が忙しく、生産的な活動(マーケティング、リサーチや改善等)をおこなう時間がない。
  • 各作業間で滞留時間が発生し、結果的に受注から納品までの時間が長くなりお客様からクレームが発生したりしている。
  • 依頼したベンダーさんとのコミュニケーションがうまくとれず、あとからあとから問題が発生してしまう。
!
  • 【業務分析】例えば、先ずは今の業務の棚卸しをおこないプロセス分析をおこなうのをお奨めします。8W3H*を意識してビジネスルールを定義することで、人かITどちらが処理をおこなうのが効率的になるかを検討して業務機能再配置をおこなうのもポイントとなります。
  • 【可視化】例えば、上記1番で分析をおこなう際に、各業務にどれくらい時間がかかるのかを計量しておくことが肝要です。またあわせてITには得意な分野(定型業務など)がありますので、業務自体をいかにそこにフィットさせて「見える化」ができるようにするのかもポイントとなります。
  • 【プロジェクトマネジメント】例えば、ベンダーさんとの関係にとどまらず、ユーザ様自身も含めて、各ステークホルダーに配布する情報の内容や報告様式、伝達方法、配布ルート、会議開催計画等をあらかじめ定めておくことが肝要です。
*8W3H:よく言われます「5W1H」を拡張したものです。
①WHEN いつ、②WHERE どこで、③WHO 誰が、④WHAT 何を、⑤WHY なぜ
⑥WHOSE 誰と一緒に何を使い、 ⑦WHOM 誰のために、⑧WHICH 何を選択して

①HOW TO どのように、②HOW MANY どのくらいの量、③HOW OFFEN どの位しばしば(頻度)

捕捉:ビジネスインテリジェンスでは、さらに以下の3つの「H」を+したりします。
①HOW MUCH いくら
②HOW LONG どのような期間で(PERIOD,TERM)
③HOW Result どのような結果,成果


ソリューションモデル

ソリューションモデル イメージ

現状の業務や導入したIT、活用状況や、情報の流れ、意思決定の仕組み、ワークフローなどの調査分析。
その結果を踏まえた、人間が管理すべき情報とITに移管するものに分け、落とし所となるベースラインITソリューション策定支援。
上記および実際の要件定義を主だった領域としたサービスを提供します。

•RFI・RFP作成
•ギャップ分析・アセスメント
•ビジネスルールマネジメント
•CSF・KPI策定
•ERP導入コンサルティング
 SAP,EBS,Dynamics,NetSuite
•CRM導入コンサルティング
 Dynamics、SalesForce
•BI導入コンサルティング
 SQL-SERVER , QlickView , QlickSense , SAPーBW/BO ,
   Oracle-BI , WebFOCUS
•EAI導入コンサルティング
 DataSpider , ASTERIA , HULFT
•プロジェクトマネジメント
•内部統制

SAP Digital Business Services
QlikView
QlikSense
WebFocus
DataSpider
Vectorwise
Jaspersoft